保育の質向上

 

実践研究

各保育所・こども園において、保育の実践研究に取り組んでいます。
日々の保育を振り返り、職員間で意見交換を活発に行うことで、教育・保育内容の充実、保育の質向上を図っています。

セミナー

年間を通じて行われてきた実践研究を発表し、
専門家の先生方から講評をいただきながら学びを深めるセミナーを開催しています。

研究集

実践研究の成果を取りまとめ、研究集を作成しています。
adoption

食育

食育実践の成果を取りまとめ、食育実践事例集を作成しています。

※一部抜粋した見本を掲載しますので、冊子(全文)をご希望の方は、
「250円切手を貼付したA4サイズが入る封筒」に、宛先を記入の上、下記送付先までお送り下さい。

<見本>
食育実践事例集【見本】

<送付先>
〒102-0083 東京都千代田区麹町5-1 
(公財)鉄道弘済会 社会福祉第一部 保育品質グループ

【NEW】第13回こうさい保育セミナーの開催

 2020年9月12日(土)に、毎年恒例の「こうさい保育セミナー」を開催しました。今年度で13回目を迎え、昨年度は法人外部からも参加者を募集していましたが、今年度は新型コロナウイルス感染症対策のため、法人内でオンラインにて開催しました。

 前半では、昨年度の公開保育実施園から、公開保育をきっかけに変わったことや現在までの取り組みについて発表がありました。オンラインでの開催ながら、参加者同士のグループディスカッションを行い、活発な議論がありました。公開保育の事前研修をご担当していただいた、関東学院大学の三谷大紀先生、和泉短期大学の松山洋平先生にもご参加いただき、2園の取り組みに対するご講評や激励のお言葉をいただきました。

 後半では、玉川大学の大豆生田啓友先生に「保育の質の向上について」と題して、21世紀型スキルを育むために、これからどのような保育が求められているのか、実践事例を交えながらご講演いただきました。大豆生田先生のご講演を受け、参加者からは「『あたりまえ』の問い直しやこども目線で考えること、語り合う風土の大事さと今回の講演で多くの事を学ばせていただきました!」といった声がたくさん届いており、社会が変化する中で保育にとって大切なものは何かをじっくり考える時間となりました。

 来年度は一般公開を再開する予定(新型コロナウイルス感染症が収束した場合)ですので、機会がありましたらぜひご参加ください!


 

 

第三者評価

adoption

鉄道弘済会の保育所・こども園では、定期的に第三者評価の受審を行っています。

第三者評価とは、公正・中立な立場にある専門機関が、 「利用者調査」(利用者の施設に対する満足度等のアンケート)と「事業評価」(施設の自己評価、組織・経営面の調査)の2つの観点から施設を評価するものです。

保育の質向上だけでなく、地域や保護者への情報提供の手段として、積極的に受審を受けています。

リンク

第三者評価受審結果

 

自己評価


鉄道弘済会の保育所・こども園では、毎年1回、自己評価を行っています。

乳幼児期の子どもの成長・発達を支える保育の専門機関として、一人一人の子どもの経験の内容を的確にとらえ、保育の質向上を図るためのものです。

また、自己評価の取組を基盤に第三者評価など外部評価を受けることは、評価に客観性を増し、地域や保護者への情報提供をより一層適切に果たしています。


 

リンク

保育所・こども園における自己評価結果

札幌認定こども園
人見認定こども園
旭川認定こども園
釧路認定こども園
 
青森認定こども園
仙台保育所
秋田認定こども園
山形認定こども園
郡山認定こども園
 
高崎保育所
与野本町駅前保育所
上木﨑保育所
戸田駅前保育所
南千住駅前保育所
新津認定こども園
長野保育所
 
富山認定こども園
福井認定こども園
福知山認定こども園
和歌山認定こども園
松江認定こども園
 
西条認定こども園
 
門司保育所
戸畑保育所

研修制度


教育制度教育制度

研修


園内研修

各保育所・こども園において、外部講師を招いたり、事例を持ち寄ったカンファレンス等を行っています。

法人内合同研修

全国で保育所・こども園を展開するネットワークを生かし、法人内で合同の研修を実施しています。
<研修例>階層別(初任、中堅、主任等)研修、テーマ別(障害児保育、調理等)研修


外部研修

各行政、外部機関開催の研修に参加しています。
<研修例>乳児保育担当者研修、障害児保育担当者研修、保護者支援研修


海外研修

海外の保育施設や教育機関の視察を行っています。
<研修先実績>アメリカ、デンマーク、ハンガリー、ニュージーランド

 

 

adoption

自己啓発

通信教育制度を導入し、従業員一人ひとりが自発的にスキルアップをする環境を整え、専門性の深度化を図っています。