収益事業

持続的な福祉サービスの提供を目的として、不動産賃貸開発事業や弘済会館、新聞雑誌の取次事業を運営しています。公益事業に要する費用の不足分は、これら収益事業の益金をもって充当しています。